石垣島で人気のお土産3つご紹介

石垣島のお土産は、「塩」も人気!

沖縄の離島の中でも、石垣島の人気は高いですね。石垣島から周囲の離島に観光に行く人も多いですが、商品の種類や数が多い石垣島でお土産を選ぶのがいいでしょう。石垣島の人気のお土産には、どんなものがあるのでしょうか。
まず、「塩」です。キレイな石垣島の海水を低温で乾燥させて結晶にしたものです。カルシウムやマグネシウムなどの自然のミネラルをたくさん含んでおり、調味料として使うと、食べ物にまろやかな旨みを加えてくれます。粒子が細かいので、ボディケアで使うこともできます。
お土産で塩という意外性が良いですね。塩はどの家庭でも必要ですし、天然塩に関心のある人にはとても喜ばれるお土産です。卓上用、袋入りのものなど、各種販売されています。

「名産品を使ったお菓子」と「ミンサー織り」

次に「名産品を使ったお菓子」。石垣島の名産品である黒糖や紅いも、塩を使って作られたちんすこうやパイなどのお菓子がたくさんあります。パッケージからして石垣島らしい雰囲気が感じられるお土産です。個包装のものなら、職場などで配るのも簡単ですね。
「ミンサー織り」の工芸品も人気です。現在でも手織りで生産されている織物で、帯やサイフ、バッグなどが作られています。昔、女性から男性へ愛をこめて贈ったと言われているものなので、大好きな男性にプレゼントしても良いでしょう。また、伝統的なミンサーの柄を使ったマスキングテープも作られていて、特に若い女性に喜ばれています。食品よりも、あとあとまで残るものを買いたいと思う人には、これらの品をおすすめします。

奄美群島のひとつで、鹿児島県の最南端でもある与論島の旅行は人気が高いです。島の周りは美しい珊瑚礁で囲まれています。その絶景を見たさに、冬でもスキューバダイビングを楽しむ観光客が絶えません。